発熱等の風邪の症状が見られるときは

ご相談窓口について

次の症状がある方は、医療機関受診前に、福岡市 新型コロナウイルス感染症相談センター(帰国者・接触者相談センター)にご相談ください。

  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときも含みます)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

福岡市 新型コロナウイルス感染症相談ダイヤル(帰国者・接触者相談センター)

感染の予防に関すること、医療機関の受診に関することなど、新型コロナウイルス感染症に関する相談。(日本語がわからない方は外国人専用ダイヤルでお受けします)

電話番号: 092-711-4126

(FAX番号:092-733-5535)

受付時間:24時間対応

※ 福岡市の帰国者・接触者相談センターは各区の保健所に設置していましたが、4月20日、新型コロナウイルス感染症相談ダイヤルに一本化されました。

※ 「帰国者・接触者相談センター」は、すべての都道府県で設置しています。詳しくは、厚生労働省ホームページ(新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター)をご覧ください。

事前に必ず電話連絡をして、当院に受診してください。

発熱等の風邪の症状があり、当院を受診される際には、

事前に必ず電話連絡(電話番号: 092-565-5534)をしてください。

感染予防についてのお願い

必ず、マスクを着用してください。

マスクをお持ちでない方は、咳エチケットをお守りください。

  • ティッシュ・ハンカチ等で口や鼻をおおう
  • 上着の内側や袖(そで)でおおう

手洗いや手指消毒を正しく行ってください。

皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

当院の感染予防対策

  • 環境整備に努めています。
  • 面会を禁止にしています。(医師が必要と認めた場合のみ面会可)
  • 密集、密接、密閉を避けています。(時間差、人数を減らす、窓を開ける)
  • 全職員の健康チェック。
  • 職員の教育を再度行い、特に手指消毒は、適切な場面で実施しています。